【車検】【鈑金】の専門ショップ

創業60年以上で培われた
豊富な知識と高い技術力で安心!

溝ノ口自動車株式会社

お知らせ一覧

キズ・へこみ直しの紹介!!

2021年6月16日(水)

本日は、キズ・へこみ直しのご案内です。

駐車中にバンパーを擦ってしまって、キズがついてしまった!
など、よくあると思います。
そんな時は溝ノ口自動車にお任せください。
通常の修理ではバンパーを1本交換!1本全部塗りなおし!での対応が多く、修理費用が高くなることがありますが、当社ではヘコミが無ければ部分修理を行うことが可能です。
修理箇所バンパー(樹脂部分)
・1ハンド以内のキズ:22,000円(税込み)
・2ハンド以内のキズ:29,700円(税込み)
※1ハンド<15cm×15cm>22,000円(税込み)
※追加1ハンドにつき+7,700円(税込み)

その他のキズ・へこみ、鈑金塗装はお問合せをいただければと思います。
社員一同、お待ちしております。

エアコンガスクリーニングの紹介!!

2021年6月15日(火)

本日は、エアコンガスクリーニングの紹介です。

日本の夏は高温多湿。エアコンなしでは過ごせない。夏のカーライフの生命線といえるエアコンですが、新車のうちは冷えるのに数年たつと徐々に効きが悪くなって、エアコンをつけても なんだか暑い! 冷えが悪くなった! と感じることも。
こうした場合、以前まではエアコンガスの補充を勧められることが多かったと思いますが、現在主流となっているエアコンガスの種類のHFC-R134aというガスは、適正量の範囲が狭いです。そのため、ガスの量が多過ぎても少な過ぎてもエアコンの効きが悪く、故障の原因となることもあり、できれば避けたい。HFC-R134の量は圧力ではなく、重さ(グラム)で管理するので真空引き作業が必須だからです。
その代わりに、いま注目を集めているのがエアコンガスクリーニング作業です。エアコンガスクリーニングは、専用の機械を使用してエアコンガスを真空引きですべて吸出し、エアコンガス中の水分や不純物を取り除いた後、適正な量のエアコンガスを入れなおすという作業です。HFC-134aというガスは、水素系のガスで湿気を含みやすいといわれ、エアコンシステムが密閉されているといっても経年劣化で水分や不純物が混入してしまいます。その結果、エアコンの効率を落としてしまうことがあるらしいです。また、基本的にはエアコンガスは漏れることが無いように設計されていますが、実際には配管のつなぎ目などから微量のエアコンガス漏れていて、1年で約5%ほどのエアコンガスが減っているとも言われています。エアコンガスの量が減れば、当然エアコンの効きが悪くなるので、エアコンガスクリーニングで水分や不純物を取り除き、規定量までエアコンガスを入れてあげれば、エアコンは冷気を取り戻します。
費用:8,800円(税込み) ※コンプレッサーオイル含む

是非、この機会にお試しください。
社員一同、ご来店をお待ちしております。

カーフィルムの紹介!!

2021年6月11日(金)

本日は、カーフィルム施工のご紹介です。

カーフィルムを貼るメリット!
1、紫外線をカット
紫外線から守れるのは顔や体だけではありません。 紫外線によりシートも色褪せしてしまうので、
カーフィルムを貼ることは車内環境を守ることにも繋がります。
2、断熱効果
紫外線を防ぐだけでなく、陽の光自体を遮ることが出来るので、断熱効果を高めることも出来ます。
夏場などの暑い時期は、エアコンを効かせていても暑さを感じる時もありますが、カーフィルムを貼っていれば、
貼っていない場合と比べて車内温度を数度下げることが出来ます。
3、ガラスの飛散防止
カーフィルムにはガラスの飛散を防ぐというメリットもあります。
自動車のガラスは全てが飛散防止効果を持つガラスが使用されていると思われがちですが、
飛散防止効果を持つガラスは基本フロントガラスのみです。
暑さ対策、ブライバシー効果など様々な効果を得ることが可能となります。

カーフィルム施工に興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。